自閉症という脅威を誤解せず治していきましょう

脅威としてみなすのは偏見であるために、「注目」という意味で見るよにしていきましょう。
自閉症で不お安定な状態に陥っているひとは「社会で孤立」していることが殆どです。
青少年の場合だと「社会拒絶・社会孤立」という場合が多いですが成人男性では「失業している」とい例がほとんどです。
失業している男性には「アスペルガー症候群」や「躁病的興奮状態」が続いている可能性がありますからそれを疑って確実に対処していきましょう。
本人には宣告せずに静かに対処していくことが望まれます。不安を与えずに恐怖を与えずに気づかれないようにして観察を続けていきます。
観察を続けていく中で素行に注意していきます。当事者の動きを上手に補足していきながら生活様式や行動範囲を絞り込んでいきます。
その行動範囲を絞り込んでいくなかでプレッシャーに耐えていく神経が要求されるので通報電話を所持して周囲は観察します。
自閉症でアパートやワンルームにんすで居るという場合には「管理会社やオーナー」など身近に本人の生活状態を聞き取れる人に少々の確認を促します。
もし管理会社やオーナーが「変な人がいて困っている」とか「あのひとは様子がおかしい」という話をした場合には「警察力準備」として刑事事件に備えます。
さらに「医療介入準備」として家族や親族へ連絡を取れるように配慮していきます。
自閉症で孤立状態にある本人には「あなたはとても優秀ですごい人だ!」という孤立感を和らげる言葉や対応を繰り返してあげます。
やがて孤立感が緩和された本人が外にでて仕事をするという動きをとるなら「大成功」です。
それなら危機介入以前に当事者が自律したと見れるので何も心配はいりません。
他の措置や対処は危険を伴った時に備えて保留にしても構わないと思います。
ただし、危険がどうかは周囲の通報や証言をもとにして慎重に判断していきましょう。友だちに教えてもらったサイト