紫外線をたくさん肌に浴びるとしみの原因になり、元の綺麗な肌の状態に戻すことが難しく美白の大敵になります。特に紫外線が多い時期は5月から9月で夏というイメージがありますが、実は5月から9月だけに限らず年間を通して対策をする必要があります。もしも、紫外線から肌をガードしたいなら、紫外線量が多い時間に屋外で活動をすることは控えるといいでしょう。紫外線の強い時間としては、AM10:00~PM2:00ぐらいです。この4時間程度で、1日に届く紫外線の半分が、地球上に到達しているのです。ただし、10時から14時は外出に適した時間帯であることも確かです。出かけざるをえないなら紫外線防止グッズが役立ちます。塗った直後ではなく、塗ってからしばらくしてから効果があることが、日焼け止めクリームの特徴です。効果が出るまでに日焼けをしてしまう可能性もあるので、外出をする時間よりも、少し余裕を持って日焼け止めを塗ることが大切です。また日焼け止めは、こまめに塗り直す必要があります。夏の暑い季節では、日焼け止めクリームを塗った後で汗をかくと有効成分が流れてしまいます。また、効果がずっと続くものでもありません。3時間に1回のペースで塗り直しをすると、効果が持続するでしょう。毎日のスキンケアで、紫外線によって傷ついたお肌を修復させるためには、ビタミンCの多い化粧水や美容液が適しています。紫外線の作用から肌を守り、肌の白さを維持するためには、美容成分であるビタミンCを有効に使いましょう。http://xn--u9jxgod7a4261g.biz/